ポイントを知ればブラジリアンワックスも怖くない?

痛みの強いブラジリアンワックス

 

気になるアンダーヘアのお手入れ。もっとも多い方法はカミソリですね。
コストもかからず、とても手軽です。
ですが、皮膚も弱く剃りにくい部分なのでカミソリ負けをすることも多いです。
すぐに生えることで黒いボツボツに、チクチクが不快とデメリットも目立つ方法です。
黒いボツボツに黒ずみ。結局隠してしまうなら、脱毛の意味がありませんね。

 

ブラジリアンワックスなら毛が生えてくるまでに時間がかかります。
仕上がりがとてもキレイです。欧米諸国ではごく一般的な方法です。
ですが、アンダーヘアの周りは肌が最も弱く敏感な部分。
ブラジリアンワックスでは痛みを感じてしまいます。
また、無理に引き剥がすと皮膚の皮が裂けたり、出血をする危険性も。

 

プロの任せれば心配ないけど、サロンに行く勇気は出ない。
キチンとポイントを抑えれば自宅での脱毛でもトラブルは軽減されますよ。
抜きやすいように毛は切りそろえ、肌を保護するパウダーを塗っておく。
そして、皮膚をしっかりとストレッチさせることで出血などが軽減されます。
ゆっくりと少しずつワックスを剥ぐことです。
これなら脱毛にそれほど時間はかからず、きれいに仕上がりますよ。

ブラジリアンワックスは剛毛の場合は痛みが強い?

毛がすぐには生えてこない、仕上がりがキレイ。ブラジリアンワックスの愛用者は多いです。
ブラジリアンワックスを試してみたいと考えている方にとって躊躇するのが痛み。
もともとアンダーヘアの周りは皮膚が薄く、最も敏感な部分です。
脱毛の中でも、痛みを強く感じることはよく知られています。

 

特に、剛毛な毛質の方にとって痛みは最も気になる部分ですね。
痛みの感じ方には、個人差はありますが、原因次第では大きく変わります。
その一つに毛根の強さ。毛根がしっかり力強く生えていれば、抵抗力も強いのです。
それだけ痛みを感じやすくなるので、剛毛な人は該当しますね。

 

ですが、皮膚の薄さも影響します。薄い方は痛みを感じやすくなります。
また、生理前後や生理中はなどの体調の変化。これも痛みに差が出ます。
生理中は避けた方が良いですね。

 

生まれつきもありますが、毎日のようにカミソリを使っていた方も注意です。
肌を刺激していたため、肌を守るため剛毛になっていくのです。
カミソリを止め、ワックス脱毛に移行すると、少しずつ毛根も弱まります。
痛みの感じ方も変わっていきますよ。試す価値はあるのでは?